働く彼女との関係にはアフターピルがベスト!避妊しながら育む愛

おすすめのアイピル

アイピルは緊急避妊薬に使われるノルレボ錠のジェネリック医薬品です。
アフターピルと呼ばれる薬はコンドームが破れてしまった時や外れてしまった時。また男性側がそういった気遣いなく性行為をしてきてしまった時に緊急的な手段に使われるものです。
性行為後72時間以内であれば薬は効果を発揮して避妊できるようになります。72時間以内までであれば高確率で効果を発揮してくれますが、服用の時間は早ければ早いほど効果が出やすくなっています。24時間以内の服用であれば95%以上の確率で妊娠を回避できるため、失敗したと感じた時にはすぐに処方してもらって服用するように致しましょう。
この薬はホルモンバランスを人工的に調整することで妊娠を回避します。妊娠は膣内射精した後に受精と着床をしなければ起こりません。ですのでその受精と着床が起こる前に子宮内膜を剥がして妊娠出来なくしてしまうというものです。これはホルモンバランスを大きく変化させるため身体への負担もありますので頻繁に使っていくにはオススメできない方法ですが、緊急時の手段としては非常に優秀です。
副作用はホルモンバランスの変化による体調不良があります。強制的に月経を起こしているようなものなので、頭痛や吐き気、腹痛などをが起こります。基本的に1日2日で治る程度のもので済むようですが、症状が酷かったり長い期間続くようであれば診察を受けるようにしておきましょう。
この薬は早期服用が求められますが、医師の処方が必要であるのがややネックです。その状況にならなければ処方がされず、普段から持っておくことが難しいのです。緊急時に使いたいからこそ普段から持っておきたい、そういった人は個人輸入を使って購入することをオススメ致します。
個人輸入ではアフターピルのような薬でも通販と同様に購入ができ手元に持っておく事が可能です。アイピルなどのジェネリックでは価格が非常に安く、お手頃な値段で購入できるという点も非常にありがたいものです。実際ノルレボ錠のアフターピルは一回の使用に1万5千円ほど掛かります。これは薬の性能を考えれば妥当な値段なのかもしれませんが、使う人にとっては手を出しにくいものだと思います。
アイピルではその10分の1程度の値段で購入ができるので複数買いでも負担になりにくく、お守り代わりに持っておくたいという人でも気軽に買って置けます。万が一に備えて鞄の中に忍ばせておくと非常に心強いと思います。通販で購入し、すぐに使えるようにしておくのがとてもオススメです。